【40代】成功するための転職サイト選び


リクナビNEXT
詳細
★★★★★
まず最初に使って欲しいのがこちらのリクナビNEXT。普通に利用する分にはいわゆる一般的な転職サイトですが、会員限定のスカウト機能やさまざまな独自ツールはその便利さをぜひ体感していただきたいところ。下記のリクルートエージェントもそうですが完全無料で利用できます。
リクルートエージェント
詳細
★★★★
リクナビNEXTの弱点である「コンサルタントサポートがない」のを補うのがこちらのリクルートエージェント。無料でプロのコンサルサービスを受けることの出来るのが強み。非公開求人も8万件以上を保有し、自分だけでは見つけることのできない優良案件を紹介される可能性も。

 

 40代の転職はその後の人生を左右するほどの一大イベントであると言えます。決して後悔しないために、転職活動は軽く考えずに、慎重を期してこれを行わなければなりません。

 

 ゆっくり40代で転職活動を行うためには今在籍している会社などを退職して、転職活動に専念したいところではあるのですが、多くの人にとってこれはなかなか難しい選択でしょう。それと言うのも仮に会社を自己都合で退職した場合、失業手当の給付を受けることができるのは待機期間1ヶ月に加えてさらに3ヶ月先、すなわち最短でも4ヶ月先となりますので、この間の生活費が心もとなくなってしまいます。

 

 従って多くの場合、現在の勤め先で仕事をしつつ、その合間をぬって転職活動を行うことになりますが、これは体験してみると、実はなかなか大変です。しかし最近はリクナビやマイナビなどの転職サイトもたくさんの求人を扱うようになってきており、履歴書等も電子データで送れるようになってきていますので、こういったサイトを利用して転職動向を探ったり、実際に応募してみるのも一つの方法と言えます。

 

 企業によってはSPI2などの試験を課すところもありますが、都会にお住まいの方であったら、テストセンターで土日でもこれの受検ができますので、あまり普段の仕事に影響を受けることなく、試験の受検が可能な場合も多いことでしょう。

 

 問題は面接試験であり、これに時間を割いたり、準備をしたりするのがなかなか大変です。しかしこの面接は転職活動で最も重要な作業となりますので、しっかりシュミレーションをして備えておく必要があります。これは仕事の合間に片手間に行うより、できれば有給休暇などを取得して、一日がかりでこれに取り組んだ方が落ち着いて望むことができると経験上、そのように思います。

 

 

特集記事
求められる中高年の就職【徹底】研究ナビ
中高年の就職に役立つ情報を知りたい方はこちら!