退職時の有給休暇を取得したい時の振る舞い方とは

退職時の有給消化問題

 

 問題と言うと少し大げさかもしれませんが、会社を辞めることは決意していても、それと同時に残りの有給休暇を消化することはまだ決心がつかないという人はいるはずです。

 

 この退職時の有給消化問題ですが、基本的には迷う必要はありません。残っている有給休暇が多ければ多いほど、それを取得することに迷いが生じるものですが、しかし、それが多ければ多いほど休まずに働き続けてきたとも言えるので、最後の最後くらいは甘えてしまって大丈夫。

 

 少し堅い言い方をすれば、法律的にも問題はないので、労働者に与えられた権利として確実に行使してしまうことをお勧めします。

 

請求はためらわないこと

 

 もし決心がつき、残りの有給休暇を消化しようと考えているならば、その請求はためらわないことです。もっと言えば、当たり前のように請求しなければなりません。

 

 会社側に気を遣ったり上司の反応が気になる人はどうしても伺いを立てるような形で請求してしまいがちですが、これだと「ダメだ」と言われた時に何も返せなくなってしまいますし、「ダメだ」と答える余地を与えてしまうのでよくありません。

 

 退職時の有給消化がもはや義務であるべきかのように請求する。そうした態度で突き進めば、少し状況は変わってくるでしょう。難しいかもしれませんが、どうしても有給消化したいのであれば、断られてしまう隙を与えないような請求方法を考え、実践することを心がけなければなりません。

 

会社のルールに躓かないようにしておく

 

 有給休暇の請求をする時に、最も気にしておきたい注意点を挙げておきます。それは、会社のルールに躓かないように準備しておくことです。

 

 会社のルールとは、一般的に就業規則と呼ばれているものの中で、退職時の注意事項や決まりとされているもの。退職時には何をしなければならないのかが記されているはずで、それをしないのに有給休暇を取得しようと思えば、さすがに反発されることは免れません。

 

 会社のルールをクリアすれば会社や上司に文句を言われることなく、有給消化を実現することができるでしょう。

 

 

【関連記事】