転職を成功させるための5つの流れ

 待っているだけでは、素晴らしい転職なんてできるわけがありません。40代の大台に乗ったら、より攻めた転職活動展開が求められます。ただし、攻め方を間違えれば自爆しかねないのも転職活動の怖さ。そうならない攻め方、これを手に入れておきましょう。

 

 

転職準備について

 

 まずは気持ちの準備をしたいのですが、ここで攻めの姿勢を作っておくべき。守りに入った転職活動だと、その多くは結局失敗に終わってしまうでしょう。目標を設定し、期間を定め、それに間に合うようにキャリアの棚卸しや流れの把握をして、臨戦態勢を整えておくべきです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

求人情報について

 

 求人情報を集める時に攻め過ぎると、これはこれで失敗してしまいがち。あくまでも自分の目標と技量に合った求人を選ばなければなりません。この作業で攻める場合には、求人情報媒体を上手く、そして幾つも活用したり、スカウト機能に登録するなど、こういった部分で攻めた情報収集活動を行った方がいいでしょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

履歴書や職務経歴書について

 

 攻めるというのは、何もがむしゃらに行動することではありません。応募書類で言えば、履歴書の志望動機欄で若い人にも負けない気持ちと経験があるからこそ言える攻めの言葉でアピールすべき。職務経歴書では、自信のある部分をさりげなく目立つように記載するなど、形式や書き方の上での攻めを見せてアピールとしましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

面接について

 

 見た目で攻めてはいけません。服装や髪型はあくまでも無難に。それが無駄な話になってしまってはNGですが、全て受け身ではなく、企業が求めた以上の受け答えをし、40代ではあるけど攻めの気持ちで取り組みたいという気概を伝えられれば、良い結果を得られるかもしれません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

退職・入社準備について

 

 退職する時、イメージとしては自分対会社、のようになりますが、自分と会社は仲間であることを忘れてはなりません。ここに過剰な攻めの姿勢は必要なく、一緒に退職までの道のりを歩むというイメージを持った方が円満退職へと繋がっていきやすいでしょう。

 

 

【参考記事】